米良(読み)めら

百科事典マイペディアの解説

米良【めら】

宮崎県中部,一ッ瀬川上流域。米良荘とも。児湯郡西米良村および西都市の一部に当たり,古来隔絶山村として知られ,平家落人伝説がある。谷は急峻(きゅうしゅん)な峡谷をなすため集落は緩傾斜の山頂付近に,道路は多く尾根筋を通る。江戸期は人吉藩領。1943年自動車道路が通じ,一ッ瀬ダムの完成など電源開発も進展。茶,シイタケを特産。
→関連項目九州山地九州中央山地国定公園椎葉[村]人吉藩

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の米良の言及

【一ッ瀬川】より

…河口には北岸から砂州が伸び,広い潟湖を抱く。上流部は,古くから米良(めら)とよばれ,谷の通行が不可能であるため集落は頂上近くの緩斜面に立地し,尾根伝いに道が通り,多くは熊本県側に通じていた。1963年,上流部の深い谷を利用して西都市片内に一ッ瀬ダム(最大出力18万kW)が完成した。…

【米良荘】より

…宮崎県中部を東流する一ッ瀬川の上流一帯を指す地域名で,米良山地ともいう。行政的には西都市東米良地区と児湯(こゆ)郡西米良村に属する。…

※「米良」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

米良の関連情報