コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粉砂糖 コナザトウ

百科事典マイペディアの解説

粉砂糖【こなざとう】

砂糖の一種。純度の高い白ざら糖やグラニュ糖を細かくすりつぶしたもの。卵白香料と混ぜ合わせてケーキクッキーに塗るアイシングに使ったり,ケーキなどの上にふるいでふりかけて白い雪のようなデコレーションを施したりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

こなざとう【粉砂糖】

グラニュー糖など純度の高い砂糖を微粉状にしたもの。製菓材料に用いられる。粉糖。パウダー-シュガー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の粉砂糖の言及

【砂糖】より

…(8)氷砂糖 純度99~99.5%の砂糖溶液から大型結晶を作らせたもので,キャンディとしてそのまま食べることもできるし,果実酒用にも広く使われる。(9)粉砂糖 白ざら糖やグラニュ糖などの純度の高い砂糖を細かくすりつぶしたもので,果物にかけたり,ケーキ,クッキーのアイシング,洋菓子のデコレーションに使う。(10)顆粒(かりゆう)状糖 多孔質の顆粒状をした高純度の砂糖で,ひじょうに水に溶解しやすいのでアイスコーヒー,果物にふりかけて用いる。…

※「粉砂糖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粉砂糖の関連キーワードカロリン フィリップスカイザーシュマーレン日本のおもな郷土菓子薯蕷饅頭・藷蕷饅頭伊集院まんじゅうバウムクーヘンゼリービーンズシュークリームラスク(菓子)キアッキエレきつねめん阿波ういろトルコ珈琲ドイツ料理クリスマス薯蕷饅頭外郎饅頭かるかんからめ餅ドーナツ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粉砂糖の関連情報