コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒度階区分 りゅうどかいくぶん grade scale

1件 の用語解説(粒度階区分の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

粒度階区分

ウッデン(Udden)およびウェントワース(Wentworth)による砕屑性堆積物や土壌などの構成粒子の粒度を表現するための区分法は次のようで,広く用いられている[Wentworth : 1922].
境界粒径(mm)名称
256以上巨礫(boulder)
256~64大礫(cobble
64~4中礫(pebble)
4~2細礫(granule)
2~1極粗粒砂(very coarse sand)
1~0.5(1/2)粗粒砂(coarse sand)
0.5~0.25(1/4)中粒砂(medium sand)
0.25~0.125(1/8)細粒砂(fine sand)
0.125~0.0625(1/16)極細粒砂(very fine sand)
0.0625~0.0312(1/32)粗粒シルト(coarse silt)
0.0312~0.0156(1/64)中粒シルト(medium silt)
0.0156~0.0078(1/128)細粒シルト(fine silt)
0.0078~0.0039(1/256)極細粒シルト(very fine silt)
0.0039以下粘土(clay)

2mm以上の粒子で構成される岩石には礫岩(rudite),礫岩(conglomerate),角礫岩(breccia)などがある.2~0.0625mmの間の礫からなる岩石は,砂岩(arenite),砂岩(sandstone)などがある.0.0625mm以下の構成物からなる岩石は粘土質岩(argillite),泥岩(mudstone),頁岩(shale)などがあり,この内で0.0625~0.0039mmの間の粒子からなる岩石をシルトストーン(siltstone),0.0039mm以下の粒子からなる岩石を粘土岩(claystone)という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粒度階区分の関連キーワードアートワークアントワープウェッデル海スウェーデン語ウェッデルアザラシウッディーウプサラ城電子ネットワークウッデンド岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone