コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘土岩 ネンドガン

岩石学辞典の解説

粘土岩

この語には様々な意味がある.(1) トゥエンホーフェルは固化した粘土で裂けにくいものに用いることを薦めた[Twenhofel : 1936-1937].その後の研究者たちは,(a) 頁岩よりも固化の少ない粘土,(b) 塊状粘土質岩で,粘土の比率がシルトよりも多いと分っているもの,に用いた.(2) 長石質の火成岩で,全体の岩石あるいは石基が粘土鉱物で置換されているものをいう[Petijohn : 1975, Cotta : 1862, Teall : 1888].(3) 粘土の粒度の粒子でできている岩石で,固化しているが変成作用は受けていないもの[Dunbar & Rodgers : 1957].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんどがん【粘土岩】

粘土からなる堆積岩。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の粘土岩の言及

【泥岩】より

…泥とは粒径が1/16mmより細かい砕屑物をいい,それらが大部分を占める岩石が泥岩である。泥岩はさらに粒径1/256mm以上の大きさのシルト,それ以下の大きさの粘土の成分の多少によりシルト岩,粘土岩に区分される。ただし肉眼的に両者を識別することは困難である。…

※「粘土岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粘土岩の関連キーワードアルモヒドロカルサイトロジッキー石フィライド秩父地向斜粒度階区分エメリーパイプ石夾炭層砕屑岩堆積岩堆積物泥岩堆積

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粘土岩の関連情報