コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粘土岩 ネンドガン

3件 の用語解説(粘土岩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねんど‐がん【粘土岩】

堆積(たいせき)岩の一。粘土が圧縮・脱水して固結したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

粘土岩

この語には様々な意味がある.(1) トゥエンホーフェルは固化した粘土で裂けにくいものに用いることを薦めた[Twenhofel : 1936-1937].その後の研究者たちは,(a) 頁岩よりも固化の少ない粘土岩,(b) 塊状の粘土質岩で,粘土の比率がシルトよりも多いと分っているもの,に用いた.(2) 長石質の火成岩で,全体の岩石あるいは石基が粘土鉱物で置換されているものをいう[Petijohn : 1975, Cotta : 1862, Teall : 1888].(3) 粘土の粒度の粒子でできている岩石で,固化しているが変成作用は受けていないもの[Dunbar & Rodgers : 1957].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねんどがん【粘土岩】

粘土からなる堆積岩。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の粘土岩の言及

【泥岩】より

…泥とは粒径が1/16mmより細かい砕屑物をいい,それらが大部分を占める岩石が泥岩である。泥岩はさらに粒径1/256mm以上の大きさのシルト,それ以下の大きさの粘土の成分の多少によりシルト岩,粘土岩に区分される。ただし肉眼的に両者を識別することは困難である。…

※「粘土岩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粘土岩の関連キーワード融解点表面鉱物成分砂流ダンストーンガラクタイトウォーターストーンドッガー放射状組織オイド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粘土岩の関連情報