粒来哲蔵(読み)つぶらい てつぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粒来哲蔵 つぶらい-てつぞう

1928- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和3年1月5日生まれ。「銀河系」「地球」などに参加。昭和36年「舌のある風景」で晩翠賞,47年「孤島記」でH氏賞,52年「望楼」で高見順賞。平成24年「を吐く」で読売文学賞。散文詩形で作品を発表しつづけ,「鱏(しん)」の編集発行人をつとめる。山形県出身。福島師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android