コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粕取り焼酎 カストリショウチュウ

デジタル大辞泉の解説

かすとり‐しょうちゅう〔‐セウチウ〕【×粕取り焼酎】

酒粕蒸留して造った焼酎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

粕取り焼酎

を搾った副産物の酒粕を蒸留したもの。主に全国の清酒メーカーが造る。第二次大戦直後に出回った粗悪な密造酒カストリ焼酎とは別物。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

かすとりしょうちゅう【粕取り焼酎】


日本酒の酒かすを蒸留してつくる焼酎。酒かすに水を加えてさらに発酵させてから蒸留する製法もある。日本酒の蔵元で、日本酒製造で生じる酒かすを用いて作るものが多い。単式蒸留機で蒸留する焼酎乙類の一種。◇第二次世界大戦後に出回った粗悪な密造酒「かすとり」とは別のもの。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

粕取り焼酎の関連キーワード〓(ひとやねに古)粕取り・糟取りヤマサンかほりゴールドあつぎ加寿登利焼酎アークライト雪螢のさと北アルプス飛騨おんど秩父紀行富士の露関東の華てっぱつ琥珀の泉千代泉粕取り宮の舞きらら勝畫楼香雪酒

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粕取り焼酎の関連情報