コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗脂肪

栄養・生化学辞典の解説

粗脂肪

 食品や飼料の脂溶性物質のことで,成分を表示するため,一定の方法で食品や飼料を抽出したものを定義する.通常は乾燥試料をエーテルで抽出し,抽出可能な全量を抽出し,乾燥して重量を測定して粗脂肪とする.しかし,試料により,この方法を適用することが不適当な場合は他の方法が規定されている.トリアシルグリセロールのほかに,ろう,脂溶性色素その他が含まれる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

粗脂肪の関連キーワードアガリクス(アガリクス・ブラゼイ・ムリル)ふすま(麩∥麬)可消化養分総量エーテル抽出物可溶無窒素物マヨネーズ一般成分ふすま

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粗脂肪の関連情報