コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟粒結核症 ぞくりゅうけっかくしょうmiliary tuberculosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟粒結核症
ぞくりゅうけっかくしょう
miliary tuberculosis

結核菌が血流により全身に散布され,灰白色の粟粒大の結核結節が,肺のほか,脾臓,肝臓,腎臓,髄膜などの各臓器に生じる状態。初感染に引続いて起ることが多いが,感染後長期間経ってから起る晩期型のものもある。急死することもあるので,早期の診断が必要であるが,初期には高熱のみでX線写真にまったく写らないことがある。ストレプトマイシンに始る化学療法剤の開発によって,予後は著しくよくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

粟粒結核症の関連キーワード皮膚結核粟粒結核結核菌結核

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android