コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟粒結核症 ぞくりゅうけっかくしょうmiliary tuberculosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟粒結核症
ぞくりゅうけっかくしょう
miliary tuberculosis

結核菌が血流により全身に散布され,灰白色の粟粒大の結核結節が,肺のほか,脾臓,肝臓,腎臓,髄膜などの各臓器に生じる状態。初感染に引続いて起ることが多いが,感染後長期間経ってから起る晩期型のものもある。急死することもあるので,早期の診断が必要であるが,初期には高熱のみでX線写真にまったく写らないことがある。ストレプトマイシンに始る化学療法剤の開発によって,予後は著しくよくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

粟粒結核症の関連キーワード皮膚結核粟粒結核結核菌結核

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android