コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟飯原氏光 あいはら うじみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟飯原氏光 あいはら-うじみつ

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
粟飯原清胤(きよたね)の父。鎌倉幕府の9代将軍守邦親王につかえたが,のち足利尊氏にしたがう。尊氏の命をうけて,建武(けんむ)5=延元3年(1338)後醍醐(ごだいご)天皇の皇子恒良(つねよし)親王,成良(なりよし)親王を殺した。「太平記」によれば毒殺という。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

粟飯原氏光の関連キーワード粟飯原清胤南北朝時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android