コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟飯原清胤 あわいはら きよたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟飯原清胤 あわいはら-きよたね

あいはら-きよたね

粟飯原清胤 あいはら-きよたね

?-? 南北朝時代の武将。
室町幕府の奉行人。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年(1347)政所(まんどころ)執事となる。足利直義(ただよし)の高師直(こうの-もろなお)殺害計画の失敗は清胤の変心によるといわれる。法名は道最。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の粟飯原清胤の言及

【粟飯原氏】より

…この粟飯原次郎は桓武平氏千葉氏から分出して千葉氏被官となった粟飯原氏の一族である。(3)さらに以上の2氏との関係は不明であるが,鎌倉時代の京都六波羅奉行人の系譜をひくと思われる粟飯原清胤が,室町幕府政所執事・引付奉行として活躍しており,その子直胤も奉行人となったほか,幕府奉公衆に編成されたものの中にも粟飯原姓が多い。【外岡 慎一郎】。…

※「粟飯原清胤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

粟飯原清胤の関連キーワード粟飯原氏光南北朝時代あいはら室町幕府

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android