コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟飯原氏 あいはらうじ

1件 の用語解説(粟飯原氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あいはらうじ【粟飯原氏】

中世に活躍した武家で諸流がある。(1)武蔵七党横山党の一族。藍原とも書く。1213年(建保1)の和田合戦に和田方にくみして粟飯原太郎以下が討死。のち北条得宗家の被官としてみえる粟飯原氏は,この和田合戦に生き残った同氏の後裔であるという。(2)桓武平氏千葉氏族。前記の和田合戦の直接の契機となったのは,和田義胤(義盛の弟)らによる謀反露顕事件であったが,このとき千葉介被官粟飯原次郎なる者が謀反の回文を持った阿念房を捕らえて謀反露顕の端緒をひらいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

粟飯原氏の関連キーワード氏文恪勤家務四王諸流陪膳武家華族武家方武家役

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone