コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精液瘤 せいえきりゅう Spermatocele

1件 の用語解説(精液瘤の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せいえきりゅう【精液瘤 Spermatocele】

[どんな病気か]
 副睾丸(ふくこうがん)にある精子(せいし)を運ぶ管のどこかに閉塞(へいそく)がおこり、逆流した精子によって、睾丸や副睾丸の周囲に精液の入った袋状のものができる病気です。
 20歳から50歳代の人におこりますが、痛みなどの症状はありません。
 触れて偶然に発見されることが多いのですが、大きくなると陰嚢(いんのう)が腫(は)れて、陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)(「陰嚢水腫(精巣水瘤)」)との区別がむずかしいこともあります。
 陰嚢に懐中電灯をあてると、精液瘤は光を通します。針を刺すと乳白色の液体がとれ、穿刺液を検査して精子が発見されれば診断がつきます。
 精液瘤は、小さくて症状がなければ治療の必要はありませんが、大きいものは手術して取り除きます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

精液瘤の関連キーワード睾丸精巣精巣上体副睾丸何心地副港不屈不死身プリマドンナ病は気から

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone