コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精液瘤 せいえきりゅうSpermatocele

1件 の用語解説(精液瘤の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

せいえきりゅう【精液瘤 Spermatocele】

[どんな病気か]
 副睾丸(ふくこうがん)にある精子(せいし)を運ぶ管のどこかに閉塞(へいそく)がおこり、逆流した精子によって、睾丸や副睾丸の周囲に精液の入った袋状のものができる病気です。
 20歳から50歳代の人におこりますが、痛みなどの症状はありません。
 触れて偶然に発見されることが多いのですが、大きくなると陰嚢(いんのう)が腫(は)れて、陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)(「陰嚢水腫(精巣水瘤)」)との区別がむずかしいこともあります。
 陰嚢に懐中電灯をあてると、精液瘤は光を通します。針を刺すと乳白色の液体がとれ、穿刺液を検査して精子が発見されれば診断がつきます。
 精液瘤は、小さくて症状がなければ治療の必要はありませんが、大きいものは手術して取り除きます。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone