コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糟屋武則 かすや たけのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

糟屋武則 かすや-たけのり

?-? 織豊時代の武将。
播磨(はりま)(兵庫県)加古川城主。三木城の別所長治(ながはる)に属したが,のち羽柴(豊臣)秀吉につかえる。天正(てんしょう)11年(1583)賤ケ岳(しずがたけ)の戦いに奮戦し,七本槍のひとりとたたえられた。関ケ原の戦いには西軍に属し,所領を没収された。通称は助左衛門。姓は加須屋ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

糟屋武則の関連キーワード賤ヶ岳の七本槍・賎ヶ嶽の七本槍賤ヶ岳の七本槍賤ヶ岳の戦い

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android