コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸巻海星 イトマキヒトデ

2件 の用語解説(糸巻海星の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いとまき‐ひとで【糸巻海星】

イトマキヒトデ科のヒトデ。潮間帯の岩礁にすむ。腕の切れ込みが浅く、体はほぼ五角形で、直径8センチくらい。背面は青緑色で中央に橙赤色の斑紋があり、腹面は橙色。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いとまきひとで【糸巻海星】

ヒトデの一種。多くは五角形で、各辺が浅く湾入し、糸巻に似る。下面は橙色、上面は青黒く、赤橙色の斑が混じる。貝・ウニ・ゴカイ類を食べる。全国の浅海・岩礁上にすむ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone