コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸桜 イトザクラ

3件 の用語解説(糸桜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いと‐ざくら【糸桜】

シダレザクラの別名。 春》「ゆき暮て雨もる宿や―/蕪村

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

糸桜

葉に先だって直径二cmほどの花を枝一面につける。しだれ桜の別名。
半日の雨より長し糸桜\松尾芭蕉
桜は万葉仮名で「佐久良」と書く。漢字に意訳すると「狭座」で、狭い山中の岩場で咲く花ということ。山桜から命名されたものであろう。古代、山中の岩場は人々の奥津城(おくつき。墓場)であった。梶井基次郎が「桜の樹の下には屍体が埋まっている!(略)何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか」(『桜の樹の下には』)といったのも、ゆえなしとしない。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いとざくら【糸桜】

シダレザクラの異名。 [季] 春。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の糸桜の言及

【サクラ(桜)】より

…日本一大きいといわれる山梨県武川村の山高神代桜(やまたかじんだいざくら)をはじめ,山形県伊佐沢の久保桜,岐阜県根尾谷(ねおだに)の薄墨桜(うすずみざくら),巨岩を割って生えている岩手県盛岡市の石割桜(いしわりざくら)などはいずれもエドヒガンの大木で,天然記念物になっているものが多い。エドヒガン系の糸桜も同じころ枝をやさしく垂れさげて,淡紅白色一重の花を開く。福島県三春町の三春滝桜(みはるたきざくら)は糸桜の巨木として古くから知られており,京都市の平安神宮,東京都の神代植物公園などにある八重紅枝垂(やえべにしだれ)は紅色,八重の美しい花が咲く。…

※「糸桜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

糸桜の関連キーワード前打音一面的木蓮後天言葉に花を咲かす三遅時の花をかざす花の木啓請ハナミズキ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

糸桜の関連情報