糸瓜忌(読み)ヘチマキ

  • 糸=瓜忌

デジタル大辞泉プラスの解説

俳人・歌人、正岡子規の忌日。9月19日。名称は、「糸瓜咲て痰のつまりし仏かな」など、絶筆となった3つの句にヘチマが詠みこまれていることにちなむ。「獺祭忌」ともいう。秋の季語

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

臨終間際の句にヘチマが詠まれていたことから
正岡子規の忌日。9月19日。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 俳人、正岡子規の忌日。九月一九日。絶筆となった「絲瓜咲て痰のつまりし仏かな」など三句に詠まれた「へちま」をとって忌日名としたもの。《季・秋》
※続春夏秋冬(1906‐07)〈河東碧梧桐選〉秋「糸瓜忌や叱られし声の耳にあり〈八重桜〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

糸瓜忌の関連情報