コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重桜 ヤエザクラ

5件 の用語解説(八重桜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やえ‐ざくら〔やへ‐〕【八重桜】

八重咲きのサトザクラヤマザクラから変化したもので、桜の中では遅く開花し、花色は白・紅・緑黄など。ぼたんざくら。 春》「奈良七重七堂伽藍―/芭蕉
女房装束で、五衣(いつつぎぬ)に桜色を用いること。
「女院よりの御装束は、―をえもいはず匂はせ給へり」〈栄花・若水〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

やえざくら【八重桜】

愛知の日本酒。蔵元は「旭酒造」。所在地は碧南市東浦町。

やえざくら【八重桜】

宮崎の芋焼酎。酒名は、蔵元の庭にある八重桜にちなみ命名。仕込み、貯蔵ともに甕を使用。白麹で仕込み、常圧蒸留で造る。原料はコガネセンガン、米麹。アルコール度数25%、30%。芋焼酎のほか、そば焼酎、麦焼酎もある。蔵元の「古澤醸造」は明治25年(1892)創業。県内で唯一土蔵の仕込み蔵をもつ。所在地は日南市大堂津。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

八重桜

宮崎県、古澤醸造合名会社が製造・販売する芋焼酎。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

やえざくら【八重桜】

ヤマザクラなど日本の山野に自生するサクラ類の栽培園芸品種で、花が八重咲きのもの。ボタンザクラ。 [季] 春。 《 奈良七重七堂伽藍- /芭蕉 》
五衣いつつぎぬ・表着うわぎまで桜色であること。 「女院よりの御装束は-をえもいはず匂はせ給へり/栄花 若水

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の八重桜の言及

【花】より

…その代表例がサトザクラの開発であった。あの美しい肉厚の八重桜は,関東農民が自力で開発した園芸品種であるというのであるが,同時代の教養人である兼好法師の目には不快に写ったらしく,《徒然草》は〈花はひとへなる,よし。八重桜は奈良の都にのみありけるを,この比(ごろ)ぞ,世に多く成り侍るなる〉(第百三十九段)と非難している。…

※「八重桜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八重桜の関連情報