コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸黒穂病(ソルガム・スーダングラス)

1件 の用語解説(糸黒穂病(ソルガム・スーダングラス)の意味・用語解説を検索)

飼料作物病害図鑑の解説

糸黒穂病(ソルガム・スーダングラス)

19世紀終わりに関東地方で発生し、その後報告がなかったが、2004年に九州で再発した。穂ばらみ期から出穂期にかけて葉鞘を破って黒い糸状の菌糸体が露出し、大量の黒穂胞子を飛散する。黒い糸状の組織は発病後に残った植物組織で、大量の胞子層を伴い、これが本病の特徴となる。黒穂胞子は地面に落ちて10年程度まで生存し、翌年の伝染源となる。

出典|畜産草地研究所
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

糸黒穂病(ソルガム・スーダングラス)の関連キーワード関東地方刺身終わりを告げるぞろっぺえ平極やっかみやまべ緒巻やっか・む腰折病(トウモロコシ)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone