コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀今守 きの いまもり

2件 の用語解説(紀今守の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀今守 きの-いまもり

?-872 平安時代前期の官吏。
天安2年および貞観(じょうがん)4年に左京大夫に任じられ,摂津守,山城守,大和守などを兼任。京都の治安の維持や畿内5ヵ国の税制の改善につとめ,良吏と称された。貞観14年3月29日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

紀今守

没年:貞観14.3.29(872.5.10)
生年:生年不詳
平安中期の中級貴族。正四位下。天安2(858)年11月(~860年1月)および貞観4(864)年2月(~868年1月)の2度左京大夫に任じられ,兵士役や結保の制など京職の改善策を打ち出す一方,兼任の山城守としての立場から3年の期限付きで畿内5カ国を対象とする税制改革(貞観新制)を提唱するなど,政策立案に抜群の才能を発揮した。同6年2月,清和天皇太政大臣藤原良房の染殿邸(京都市上京区)に行幸し宴が催された際,郡司百姓をひきつれ「耕田の礼」を行わせているが,田楽の源流を知る上で留意される。筑前,美濃をはじめ諸国の国守を歴任,実績をあげた。のち国守の治績を評するのに「紀今守の体に帰放す」といわれたように良吏の代名詞となった。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀今守の関連キーワード中院通繋西大路隆枝扶桑集四位藤原保昌秋篠高子茂世王高階積善橘海雄源清平

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone