コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀俊連 きい としつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀俊連 きい-としつら

?-? 室町-戦国時代の神職。
家職の紀伊(きい)日前(ひのくま)・国懸(くにかかす)神宮(和歌山県)の神主をつぐ。延徳年間(1489-92)に秋月,忌部(いんべ),三葛(みかずら),太田の神宮領に城をきずいた。大納言飛鳥井雅親(あすかい-まさちか)の娘婿となり,和歌,蹴鞠(けまり)を伝授された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

紀俊連の関連キーワード紀伊太田城戦国時代家職

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android