コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋月 しゅうげつ

10件 の用語解説(秋月の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

秋月

室町後期の画僧。薩摩生。名は等観、俗姓は高城。出家して禅僧となり、備中に出て雪舟等楊に師事。雪舟より印可の自画像を付与される。師雪舟の画風を忠実に継ぎ、水墨山水・達磨の画を能くした。明応2年(1493)入明し、帰国後70余才で入寂。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あきづき【秋月】

福岡県朝倉市北部の地名。もと秋月藩の城下町

しゅう‐げつ〔シウ‐〕【秋月】

秋の夜の月。「春花秋月

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あきづき【秋月】

筑前国(福岡県)夜須郡の城下町。戦国時代末に秋月氏の城下として成立したが,秋月種実の移封により衰亡。1624年(寛永1)黒田長政の次男長興が5万石を分与されて入部,野鳥川を挟んで武家屋敷および町屋を配し,城下町として整備した。しかし地理的関係から城下町に集まる商品は少なく,産物も葛粉,元結,鬢付(びんづけ)ぐらいであった。幕末に原古処(こしよ)・采蘋(さいひん)父娘らの文人を輩出した。1893年町制。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あきづき【秋月】

福岡県朝倉市の地名。近世、黒田氏の城下町。

しゅうげつ【秋月】

秋の夜の月。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕秋月(あきづき)


福岡県朝倉市北部にある地域名。
旧城下町地区。中世以来、秋月氏の本拠地江戸時代には福岡藩支藩、秋月藩の城下町として栄えた。1876年(明治9)の不平士族による秋月の乱で有名。サクラ・モミジの名所として知られる秋月城跡・秋月目鏡橋(オランダ橋)など、名所・旧跡が多い。城下町の面影を残す町並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。

〔福岡県〕秋月(あきづき)


福岡県朝倉(さくら)市北部の旧城下町地区。中世以来、秋月氏の本拠地。江戸時代には福岡藩支藩の秋月藩城下町として栄えた。1876年(明治9)の不平士族による「秋月の乱」は有名。秋月城跡・秋月眼鏡橋など名所・旧跡が多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋月
あきづき

福岡県中部,朝倉市北部の旧町域。 1893年町制施行。 1954年甘木町ほか8村と合体して甘木市となり,2006年杷木町,朝倉町と合体して朝倉市となる。筑後川の支流,小石原川の渓谷に沿う閑静な旧城下町で,遺構が多く残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋月
あきづき

福岡県中部、朝倉(あさくら)市北部の一地区。ツゲの原生林で有名な古処山(こしょさん)の麓(ふもと)にあり、中世以来秋月氏17代の城下町であったが、豊臣(とよとみ)秀吉による日向(ひゅうが)高鍋(たかなべ)への移封ののち、城も廃された。1623年(元和9)黒田長政の三男長興(ながおき)が5万石で福岡藩の支藩として分封され幕末まで城下町として栄え、藩主の文教留意で多くの人材を出した。1876年(明治9)旧秋月藩士宮崎車之助(しゃのすけ)ら九州の士族が集まり、秋月の乱を起こした。現在、藩政時代の城門、堀、石垣などが残り、秋月郷土館もある。城跡は学校に、士族屋敷はナシ畑などに変わったが、城下町の名残(なごり)を町並みなどに残し観光地になっている。1998年(平成10)国の重要伝統的建造物群保存地区に指定された。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の秋月の言及

【甘木[市]】より

…福岡県中部の市。1954年甘木町,秋月町と安川,上秋月,立石,三奈木,金川,蜷城(ひなしろ),福田,馬田の8村が合体,市制。人口4万2702(1995)。…

※「秋月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

秋月の関連キーワード福岡箕郷〈町〉夜須〈町〉福岡県朝倉郡筑前町櫛木福岡県太宰府市国分福岡県朝倉郡筑前町四三嶋福岡県朝倉郡筑前町新町福岡県朝倉郡筑前町高田福岡県朝倉郡筑前町久光福岡県朝倉郡筑前町二

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

秋月の関連情報