末寺(読み)まつじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末寺
まつじ

本山本寺に従属する。第2次世界大戦後は被包括寺院と称する。江戸時代宗派,法流の関係によって本末制度が確立されたが,それは江戸幕府が本山を統治下におくことによってすべての寺院を統治するためのものであった。現在でもその遺制は残されているが,それぞれの宗派の強化および末寺の権威づけに役立つものともなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

まつ‐じ【末寺】

〘名〙 本山の支配下にある寺。本寺に付属する寺。
※今昔(1120頃か)三一「多武の峯を妙楽寺と云ふ名付て、比叡の山の末寺に寄成けり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の末寺の言及

【別院】より

…元来,創建・宗派・寺地などを共にする寺院相互において,故あって一方の大寺を本寺・本山としてそれに属する寺をいう。後世の末寺の一種である。9世紀より天台・真言2宗の興隆流布とともに別院が派生した。…

【本末制度】より

…本寺・本山と末寺の関係についての制度。本末関係は,本山と末寺間の関係,末寺間相互の関係に分けられるが,前者を狭義の本末関係,後者を上寺下寺関係とすべきであろう。…

※「末寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末寺の関連情報