コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀州ネル キシュウネル

デジタル大辞泉の解説

きしゅう‐ネル〔キシウ‐〕【紀州ネル】

木綿のネルの通称。明治初期に、紀州の瀬戸重助が作り始めたところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしゅうネル【紀州ネル】

綿ネルの一種。明治初期、和歌山で織り出された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の紀州ネルの言及

【和歌山[県]】より

…江戸時代には紀北の紀ノ川流域ではワタ作が盛んになり,ワタを原料とした綿織物の生産を促した。織物の中で,現在の和歌山市では幕末の紀州藩の武士の軍服に供された紋羽(もんば)織がのちに改良されて紀州ネルに発展し,また明治初年には軍靴の生産も奨励された。和歌山市を中心に行われている皮革産業は現在も在来工業の中で重要な地位を占めている。…

※「紀州ネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紀州ネルの関連キーワード矢野七三郎和歌山綿ネル木綿

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android