コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀皇女 きのおうじょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀皇女 きのおうじょ

?-? 飛鳥(あすか)時代,天武天皇の皇女。
母は石川大蕤娘(おおぬのいらつめ)。恋の歌2首が「万葉集」にのる。その1首には,高安(たかやすの)王にひそかに通じて世間から非難されたときにつくったという伝承があるが,年代があわず多紀(たきの)皇女の誤写とする説もある。異母兄弓削(ゆげの)皇子の「紀皇女を思(しの)ぶ」相聞歌などがのこされている。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀皇女の関連キーワード石川大蕤比売田形内親王施基皇子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android