コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀粳売 きの ぬかめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀粳売 きの-ぬかめ

?-? 飛鳥(あすか)時代の女性。
紀袁祁(おけ)の娘。紀伊(きい)日高郡の内原牟羅(むら)にとついで,身売(みめ)・狛売(こまめ)を生んだ。母娘は飛鳥紀寺(きでら)に居住して工匠たちの賄いをしていたため,持統天皇4年(690)の戸籍「庚寅年籍(こういんねんじゃく)」に奴婢(ぬひ)と記載された。天平宝字(てんぴょうほうじ)8年子孫の益人(ますひと)ら76人が訴えにより良民にされたが,宝亀(ほうき)4年には益人以外は奴婢にもどされた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android