コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

庚寅年籍 コウインネンジャク

デジタル大辞泉の解説

こういん‐ねんじゃく〔カウイン‐〕【庚寅年籍】

持統天皇4年(690)庚寅の年に作られた戸籍。現存しない。
[補説]これ以後、戸籍は6年ごとに作成されるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こういんねんじゃく【庚寅年籍】

690年(持統4)庚寅の年に作成された戸籍。日本最初の全国的な戸籍は670年(天智9)の庚午(こうご)年籍であり,当時はその後も定期的・全国的に作成する予定だったと思われるが,まだ文字を知る者も少なく律令制度は不備で,実行しえなかったようである。しかし壬申の乱(672)後の天武朝では律令編纂が始まり,それが浄御原令として689年6月に施行されると,閏8月には〈今冬に戸籍造るべし。九月を限りて浮浪を糺捉すべし〉との詔があり,国司たちが作成の仕方に迷っていると,翌年9月にはさらに〈凡そ戸籍を造ることは戸令に依れ〉と指示して,翌々年に完成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の庚寅年籍の言及

【戸籍】より

…その意味で最初の確実な造籍は670年(天智9)の庚午年籍(こうごねんじやく)であり,この戸籍はおそらく近江令の規定に基づき,全国的・全階層的規模で作成されたものである。続いて690年(持統4),飛鳥浄御原令に基づき庚寅年籍(こういんねんじやく)が作成されたが,この戸籍は良賤身分の確定,里制の実施などのうえで重要な意義をもったらしい。 大宝・養老令の規定によれば,戸籍は6年に1度作成され,造籍年の11月上旬より始めて翌年の5月末日までに作り終えることとなっていた。…

※「庚寅年籍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

庚寅年籍の関連キーワード飛鳥時代(年表)浄御原律令持統天皇紀粳売豊後国庚午奴婢良賤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android