コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀麻路 きの まろ

1件 の用語解説(紀麻路の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀麻路 きの-まろ

?-? 奈良時代の公卿(くぎょう)。
紀広名(ひろな),紀広庭の父。天平(てんぴょう)15年(743)参議となり,天平勝宝元年従三位,中納言。のち式部卿,大宰帥(だざいのそち)をかねる。「続(しょく)日本紀」によると,9年孝謙天皇,藤原仲麻呂らと,皇太子道祖(ふなど)王を廃して大炊(おおい)王(淳仁天皇)をたてる策をねったというが,その後の消息は不明。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の紀麻路の言及

【紀麻呂】より

…《懐風藻》に漢詩1首を残している。749年(天平勝宝1)中納言に任じられた紀麻路と紛らわしいが,別人。麻路は麻呂の弟である。…

※「紀麻路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone