コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀広庭 きの ひろにわ

2件 の用語解説(紀広庭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀広庭 きの-ひろにわ

?-777 奈良時代の公卿(くぎょう)。
紀麻路(まろ)の子。天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)藤原仲麻呂追討の功により従五位下神護景雲(じんごけいうん)3年称徳天皇の河内(かわち)由義宮(ゆげのみや)行幸の供をする。道鏡の出身地に設営された由義宮が西京(にしのきょう)とされ,河内国が河内職(しき)に改変されると,その亮(すけ)となる。道鏡失脚後,河内守(かみ),兵部大輔(ひょうぶのたいふ)をへて,宝亀(ほうき)6年参議。のち美濃(みのの)守。従四位下。宝亀8年6月12日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

紀広庭

没年:宝亀8.6.12(777.7.21)
生年:生年不詳
奈良時代の官人。紀麻呂(麻路)の子。天平宝字8(764)年10月藤原仲麻呂追討の功により,従五位下。上総介,兵部大輔などを歴任し,宝亀6(775)年9月に参議に昇った。死んだときは参議従四位下美濃守。

(寺崎保広)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀広庭の関連キーワード公卿・供饗・公饗公卿給公卿僉議地下の公卿公卿の座公卿の間県犬養石次大伴古慈斐多治比長野藤原家依

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone