コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀広庭 きの ひろにわ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀広庭 きの-ひろにわ

?-777 奈良時代の公卿(くぎょう)。
紀麻路(まろ)の子。天平宝字(てんぴょうほうじ)8年(764)藤原仲麻呂追討の功により従五位下。神護景雲(じんごけいうん)3年称徳天皇の河内(かわち)由義宮(ゆげのみや)行幸の供をする。道鏡の出身地に設営された由義宮が西京(にしのきょう)とされ,河内国が河内職(しき)に改変されると,その亮(すけ)となる。道鏡失脚後,河内守(かみ),兵部大輔(ひょうぶのたいふ)をへて,宝亀(ほうき)6年参議。のち美濃(みのの)守。従四位下。宝亀8年6月12日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀広庭

没年:宝亀8.6.12(777.7.21)
生年:生年不詳
奈良時代官人紀麻呂(麻路)の子。天平宝字8(764)年10月藤原仲麻呂追討の功により,従五位下。上総介,兵部大輔などを歴任し,宝亀6(775)年9月に参議に昇った。死んだときは参議従四位下美濃守。

(寺崎保広)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

紀広庭の関連キーワード紀麻路没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android