約定金利

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

約定金利

当事者の契約によって定められる利率(金利)のこと。ただし、無制限に利率を設定できるわけではなく、出資法(上限金利年利率29.2%)、利率制限法(上限金利は年利率15~20%)の制限の中に限られる。利率の約定がない場合は法定利率(民法では年5%、商法では年6%)が適用される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

やくじょうきんり【約定金利】

貸し主と借り主の間の契約によって決まる原契約の利率。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android