約定(読み)やくじょう

精選版 日本国語大辞典「約定」の解説

やく‐じょう ‥ヂャウ【約定】

〘名〙
① 約束して定めること。とりきめ。約束。
※玉塵抄(1563)一七「白蓮社を結で僧俗十八人を社衆に約定して浄土念仏の法門を修したぞ」
② 二人以上の間で法律上のある事項を取りきめること。特に金額・利率・期間その他数額をもって表示する場合によく用いられる。
民法(明治二九年)(1896)四四七条「保証人は其保証債務に付てのみ違約金又は損害賠償の額を約定することを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「約定」の解説

やく‐じょう〔‐ヂヤウ〕【約定】

[名](スル)約束してきめること。とりきめを交わすこと。契約。「共同開発を約定する」
[類語]条約約束取り決め申し合わせ契り誓い固め指切りやく契約協約協定結約盟約誓約確約公約口約内約黙約黙契

やく‐てい【約定】

やくじょう(約定)」の誤読

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android