コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅まどんな

デジタル大辞泉プラスの解説

紅まどんな

愛媛県で生産される柑橘類。いよかんほどの大きさ(250g程度)で、果皮は薄く、紅色がかった濃いオレンジ色。果肉は柔らかで果汁豊富、ゼリーのような食感で甘い。「南香」と「天草」との交配により愛媛県が育成した品種で、2005年に品種登録。登録品種名は「愛媛果試28号」。同県で生産される「媛(ひめ)まどんな」も同じ品種。松山市により「まつやま農林水産物ブランド」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

紅まどんなの関連キーワード媛まどんな

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅まどんなの関連情報