紋ビロード(読み)モンビロード

大辞林 第三版の解説

もんビロード【紋ビロード】

けばと輪奈わなを組み合わせて模様を織り出した紋織りのビロード。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の紋ビロードの言及

【ビロード】より

…また針金を抜きとってそのままループ状に残すと,いわゆる〈輪奈天〉になる。紋ビロードは,この毛切と輪奈の部分を使いわけることによって文様をあらわしたものである。毛経,地経,緯糸のすべてに絹を用いたものを最も上質とするが,一般には毛経にのみ絹を用い,帛面にあらわれない地経および緯糸には綿糸を使用したものが多い。…

※「紋ビロード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android