紋紙(読み)モンガミ

デジタル大辞泉の解説

もん‐がみ【紋紙】

種々の模様をすき込んだ紙。
ジャカード機に付随する穴のあいた型紙。
紋付きを畳むとき、汚れを防ぐための所にあてる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もん‐がみ【紋紙】

〘名〙
白地に種々の模様を漉き込んだ紙。
随筆守貞漫稿(1837‐53)三三「今世江戸女児の日傘浅紅の形紙を張る。全くに梅桜の花のうすべにの紋紙也」
② 紋織物用のジャカード機に用いるもので、紋の模様に従って紙にをあけたもの。
③ 紋付の衣装を畳むとき、汚れを防ぐため紋の箇所にあてる紙。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オジー オズボーン

職業・肩書ロック歌手国籍英国生年月日1948年12月3日出生地ウォーリックシャー州アストン本名Osbourne,Johnグループ名旧グループ名=ブラック・サバス〈Black Sabbath〉経歴友人ト...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android