コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紋付 モンツキ

5件 の用語解説(紋付の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もん‐つき【紋付】

紋所のついていること。また、そのもの。
家紋をつけた礼装用の和服。正式は五つ紋とするが、三つ紋・一つ紋もある。紋服(もんぷく)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もんつき【紋付】

家紋をつけた着物や羽織を意味し,狭義には五つ紋礼服を指す。紋服ともいう。古くは公家が直垂(ひたたれ)に,武家が大紋(だいもん),素襖(すおう),(かみしも)などにつけて家柄や格式をあらわしたほか,胴服に装飾性も兼ねてつけたものもある。江戸時代に家紋の図案化が完成し(紋章),礼装用としてばかりでなく略式や忍びで外出の際の羽織や着物にも替紋,裏紋をつけることが武家から裕福な町人にまで広まった。その技法も多彩な染めや刺繡(ししゆう),絞りなど装飾性に富んだものが生まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もんつき【紋付】

紋所のついていること。また、そのもの。
家紋を付けた礼装用の和服。五つ紋・三つ紋・一つ紋などがある。紋服。 「 -の羽織」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紋付
もんつき

紋服」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紋付
もんつき

主として長着や羽織に家紋(定紋(じょうもん))をつけたもの。紋服ともいう。礼装として用いる。かつては、たんす、長持などの油単(ゆたん)や袱紗(ふくさ)などにも家紋をつけることが行われた。古くは公家(くげ)、武家社会に限って着用されたが、江戸時代中期になると、財力を蓄えた富裕な町人、歌舞伎(かぶき)役者などにもしだいに広がった。一般に礼服として定まったのは、明治維新後に裃(かみしも)が廃止されてからである。男子は黒羽二重(くろはぶたえ)染抜き五つ紋付の羽織と対(つい)の長着に、仙台平(せんだいひら)の袴(はかま)が正装である。夏は平絽(ひらろ)で、吉凶とも同じ。女子は黒縮緬(ちりめん)染抜き五つ紋付裾(すそ)模様の二枚襲(かさね)。下着は白羽二重であるが、最近はこれを略し、付け比翼が一般的である。凶事には黒無地とし、夏は平絽を用いる。男児の5歳の祝い着には、黒、褐色(かちいろ)(濃紺)などの羽二重染抜き五つ紋付熨斗目(のしめ)模様の長着と羽織を対で着て、袴をつける。[岡野和子]

紋服の種類

五つ紋は男女とも第一礼装で、三つ紋はこれに次ぎ、一つ紋は略装となる。背縫いを中心につけた背紋、左右後ろ袖(そで)の袖紋と、両胸の抱き紋をつけたものが五つ紋、背紋と袖紋が三つ紋、背紋だけのものが一つ紋である。五つ紋は染抜きにし、略装となる縫い紋にはしない。男子略礼装としてのお召、紬(つむぎ)、絽などの無地の対や、黒無地の羽織は染抜き三つ紋か、一つ紋の縫い紋にする。女子の場合は、紋綸子(りんず)などの無地の長着に三つ紋、一つ紋の染抜きまたは縫い紋をつける。振袖、訪問着には三つ紋か一つ紋をつけたが、最近はつけないことが多くなっている。黒羽織は三つ紋か一つ紋の染抜きにするか、一つ紋の縫い紋とする。[岡野和子]

紋の種類

染抜き紋は、あつらえの白生地(きじ)を染めるときに家紋を白く染め抜いて、細い線を墨で描く。これを紋章上絵描きという。既製品の紋服は、黒紋付、色留袖とも石持(こくもち)になっていて、これに紋描きをする。石持は輪のついた紋に限られる。第一礼装は白あげの表紋(日向(ひなた)紋、陽紋)にする。裏紋(陰(かげ)紋)はこれと反対に、細い輪郭線で紋を描くもので、略装として女性や伝統芸能に携わる芸能人が用いる。太陰、中陰、本陰がある。本陰はもっとも細い線で表したもの。細輪の中の下半分に紋を表した糸輪のぞきは芸能人が好んで使う。替え紋(女紋)は、もと武家が略式の忍びの外出に家紋のほかに用いた紋のことで、強い感じの家紋をやさしく変えたり、丸輪の囲みを輪なしにしたり、婚家の紋でなく、生家の紋を用いたりすることもある。伊達(だて)紋は家紋と異なり、絵画風に大柄に刺しゅうや描き絵で表したもので、伊達者、侠客(きょうかく)、役者などが粋(いき)がって用いた。加賀紋は直径5センチメートルぐらいの大きさのものもあり、友禅風に華やかに優雅にかいたり、刺しゅうをしたりしたもので、子供の産着などに用いる。縫い紋は色糸、金糸、銀糸で刺しゅうして紋を表したもので、染抜き紋より略式となる。菅(すが)縫い、けし縫い、蛇腹(じゃばら)縫い、絞り縫い、織り縫いなどがある。織り紋は織りで紋を表したもので、江戸時代の大名、高級武士などが、熨斗目(のしめ)小袖などにつけたものである。特殊なものに比翼紋といって、相愛の男女の家紋を半分ずらして重ねたものがあり、今日では婚礼の披露の招待状、引出物、調度につけたりする。[岡野和子]

紋の付け方・大きさ

背紋は衿(えり)付け線より5.5~6センチメートル、袖紋は袖山から7.5センチメートル、抱き紋は肩山から15センチメートル下がったところにつける。紋の大きさは時代により変化しているが、現在は男物は3.8センチメートル(鯨尺で一寸)、女物は2.1センチメートル(5分5厘)と小さくなっている。切り付け紋(貼(は)り付け紋)は、染め直しで石持のない場合とか、貸衣装に客の注文で家紋をつけるときに使用する。同地質の布に紋を描き、所定のところに貼り付け、目だたないように細かくかがる。[岡野和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紋付の関連キーワード五つ紋裏模様絵羽模様火事羽織着流し褄模様羽織袴羽織る胸紐青梅綿

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紋付の関連情報