コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納富介次郎 のうどみ かいじろう

2件 の用語解説(納富介次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

納富介次郎 のうどみ-かいじろう

1844-1918 明治-大正時代の陶芸家,教育者。
天保(てんぽう)15年4月3日生まれ。肥前小城(おぎ)藩(佐賀県)藩士柴田花守の次男。父に書画,詩歌をまなぶ。明治6年ヨーロッパ各地の製陶所を見学して帰国,勧業寮で新技術をおしえる。のち石川,富山,佐賀などの県立工業学校長をつとめた。大正7年3月9日死去。75歳。号は介堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

納富介次郎

没年:大正7.3.9(1918)
生年:天保14(1843)
明治期における窯業界の先覚者。肥前(佐賀)藩の支藩小城藩の家臣柴田花守の子で,介堂と号した。若いとき父に伴われて有田に行き,絵を父に学び,また南画を長崎で学んだ。文久2(1862)年中国に赴き政情を視察,帰国後鍋島藩の顧問となって上海貿易を始める。明治に入り,6(1873)年ウィーン万国博に川原忠次郎と共に渡欧し,石膏成形法などを学んで帰り,9年にはアメリカフィラデルフィア万国博に審査官として出張。11年に東京牛込に江戸川製陶所を興し,20年には石川県工業学校,27年富山県工業学校,33年佐賀県工業学校を創立するなど,窯業技術の育成に努め,産業の基盤作りを行った。

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

納富介次郎の関連キーワード川上善兵衞肥前覚者先覚先覚者先駆者貯蓄銀行母材動的指数(効果)土倉庄三郎

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

納富介次郎の関連情報