納戸婆(読み)なんどばば

デジタル大辞泉プラスの解説

納戸婆

日本の妖怪。納戸に住むとされる老婆の化け物。奈良、兵庫、香川、岡山、宮崎県など西日本を中心とする伝承で、「納戸ばあさ」「納戸ばじょ」などともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の納戸婆の言及

【納戸神】より

…これは,寺院の後戸(うしろど)や寝殿の塗籠(ぬりごめ)に霊威ある神仏をまつったり聖なる秘所とする信仰と系譜を同じくするものといえる。また,納戸婆や座敷童子(ざしきわらし)といった妖怪の存在や,平戸や生月の隠れキリシタンが掛絵などの崇敬物を納戸にまつり,〈納戸神〉と呼んでいる例,さらに東北地方の家の神であるオシラサマ(おしら信仰),オコナイサマ,オタナサマなどとも,納戸神の信仰は深層の部分で関連しているように思われる。【飯島 吉晴】。…

※「納戸婆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android