コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

純粋主義 じゅんすいしゅぎPurisme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

純粋主義
じゅんすいしゅぎ
Purisme

ピュリスム。第1次世界大戦後フランスの画家 A.オザンファンと建築家ル・コルビュジエが主張した造形の純化を意図する芸術思潮。 1918年,彼らはその宣言書たる共著『キュビスム以後』 Après le Cubismeを発表するとともにパリのトマス画廊で展覧会を開催。キュビスムによる対象の解体に抗議して,対象の造形的要素を厳格な科学的規則に基づいて再構成することにより,絵画に建築的構造美を与えることを主張。また 19~25年まで雑誌『レスプリ・ヌーボー』を発行して彼らの思潮の展開,普及に努めたが,その影響は絵画よりもむしろ建築やデザインに及んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんすいしゅぎ【純粋主義】

文法規範を極端に重視すること。また、一般的に妥協を許さない潔癖な態度。ピューリスム。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の純粋主義の言及

【オザンファン】より

…サン・カンタン生れ。初めキュビストとして活躍したがこれに十分満足せず,1918年に画家で建築家のジャンヌレCharles‐Édouard Jeanneret(ル・コルビュジエ)と共に〈ピュリスムpurisme(純粋主義)〉を提唱して,明確な線および形,簡潔な画面構成を強調し,造形言語の純化を企てた。20‐25年,共同で雑誌《エスプリ・ヌーボーL’Esprit Nouveau(新しき精神)》を刊行。…

※「純粋主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

純粋主義の関連キーワードアメデ オザンファンフォン・トリアーバウマイスターノルウェー語カッサンドルピューリスムワッハーブ派ベンチューリ上田 敏雄ピュリスム朱子学派ハーマン近代建築

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

純粋主義の関連情報