コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素眼 そがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

素眼 そがん

?-? 南北朝時代の書家,連歌師。
京都四条道場金蓮(こんれん)寺にすんだ時宗の僧。尊円流(青蓮院(しょうれんいん)流)から派生した書の一派素眼流をおこした。筆跡に「四条道場一遍上人縁起」がある。連歌を救済(ぐさい)にまなび,「菟玖波(つくば)集」に24句がのっている。別号素阿,眼阿。「そげん」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

素眼の関連キーワード南北朝時代ウズムシ連歌師漁労書家

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android