コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素絹 ソケン

デジタル大辞泉の解説

そ‐けん【素絹】

練っていない生糸で織った絹。織文のない生絹(すずし)。
素絹の衣(ころも)」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そけん【素絹】

練らない生糸で織った、織文しよくもんのない絹。
「素絹の衣ころも」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の素絹の言及

【衣帯】より

…いずれも紋織の綾などで仕立て,宮廷装束のものとほぼ同じである。
[法衣]
 もっとも一般的な法衣は,袍裳(ほうも),鈍色(どんじき),素絹(そけん),直綴(じきとつ)の4種である。(1)袍裳 法服(ほうぶく),袍服(ほうぶく)とも記し,上半身の袍と,下半身の裳とに分かれた仕立てである。…

【法衣】より

…なお平安時代から,絹で仕立てた白色の同形式の鈍色(どんじき)も着用された。(3)裘代(きゆうたい),素絹(そけん),打衣(うちぎぬ),(かさね),空袍(うつほ)など平安時代に登場した裳付の法衣。(4)特異な法衣として,修験の鈴懸(すずかけ)や時宗の阿弥衣(あみぎぬ)がある。…

※「素絹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

素絹の関連キーワード祖・俎・咀・塑・措・楚・狙・疎・疏・礎・祖・祚・租・粗・素・組・蘇・訴・遡・阻・鼠半装束の数珠天曹地府祭半井瑞策素絹の衣短らか長素絹切素絹生絹定珍候人生糸裘代官僧

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android