素絹の衣(読み)そけんのころも

精選版 日本国語大辞典の解説

そけん【素絹】 の 衣(ころも)

垂領(たりくび)に仕立てた入襴(にゅうらん)の僧服で、略服。等身衣(とうしんえ)であるが、近世はすそを長くして後に引き、地質も精好(せいごう)などを用い、染色も宗旨、階級によって異にする。そけん。
※平家(13C前)二「素絹の衣のみじからかなるに、白き大口ふみくくみ、ひじりづかの刀をしくつろげてさすままに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android