素魚・白魚(読み)しろうお

大辞林 第三版の解説

しろうお【素魚・白魚】

スズキ目の海魚。全長約5センチメートル。小形のハゼで、体は淡黄色で半透明。産卵期には群れになって川をのぼり、小石の下面に産卵する。食用。青森県以南の沿岸に分布。シラウオとは別種。イサザ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android