白魚(読み)シラウオ

  • しらうお ‥うを
  • しらうお〔うを〕
  • しらお ‥を
  • しらお〔を〕
  • しろいお ‥いを
  • しろお しろを
  • はくぎょ
  • みごい ‥ごひ
  • 白▽魚
  • 白魚 (シラウオ)
  • 白魚 (シロウオ)
  • 白魚・

デジタル大辞泉の解説

サケ目シラウオ科の海水魚。内湾にすみ2~4月に川を上って産卵する。全長約10センチ。体は細長く、頭部が扁平で胴から尾にかけて側扁し、腹面に2列の黒点が並ぶ。半透明で、死後は白色不透明になる。冬に美味。シロウオとは別種。女性の白く細い指にたとえていう。「―のような指」 春》「雨に獲し―の嵩(かさ)哀れなり/秋桜子
しらうお」の音変化。
「―の小骨も抜いて食いそうなすました女めが」〈露伴・寝耳鉄砲〉
白色の魚。
衣魚(しみ)のこと。
ニゴイ別名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Salangich‐thys microdon
動物。シラウオ科の回遊魚
学名:Leucopsarion petersi
動物。ハゼ科の魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① シラウオ科の魚。体長一〇センチメートルくらいになる。頭は小さく上下に平たく、体の後方は縦に平たい。頭部その他にわずかに黒色胞がある以外ほとんど無色で生時は半透明に近く、死後は白色不透明になるためこの名がある。うろこは雄のしりびれ基底に二三~二九枚あるだけで、他の部分にはなく、また雌には全くない。脂鰭(あぶらびれ)がある。淡水の混じる沿岸域や汽水湖に生息し、一年目の早春に河を遡り、水草に卵を産み付ける。ハゼ科のシロウオに似ており、時にシロウオをシラウオと呼ぶ地方もあるが、両者は生時半透明の体をしている以外あまり類似点はなく別種。北海道から岡山県および熊本県までの各地の沿岸に分布。肉は淡泊で、吸物・すし種・酢の物にする。昔、佃島の漁師が白魚御用を江戸幕府から命ぜられ、隅田川の名産であった。《季・春》 〔多識編(1631)〕
※俳諧・続猿蓑(1698)旅「鮎の子のしら魚送る別哉〈芭蕉〉」
② 女性の白く細い指をたとえていう語。
※雑俳・桜狩(1743)「琴は川白魚游ぐ美女の橋」
〘名〙 「しらうお(白魚)」の変化した語。《季・春》 〔壒嚢鈔(1445‐46)〕
※われから(1896)〈樋口一葉〉四「洋銀の指輪を大事らしう白魚(シラヲ)のやうな指にはめ」
〘名〙 魚「しらうお(白魚)」の古名。《季・春》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
〘名〙
① 白い魚。
※平家(13C前)一「周の武王の舟にこそ、白魚は躍り入りたりけるなれ」 〔史記‐周本紀〕
② 書物や衣類などに生ずる虫。しみ。
※菅家文草(900頃)五・壁魚「白魚浮紙上、游泳九流中」 〔爾雅‐釈虫〕
③ 魚「にごい(似鯉)」の異名。〔水経注‐聖水〕
〘名〙 魚「にごい(似鯉)」の古名。
※色葉字類抄(1177‐81)「 ミコヒ ミ 鯉属」
〘名〙 魚=しらうお(白魚)色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白魚の関連情報