コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白魚 シラウオ

5件 の用語解説(白魚の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しら‐うお〔‐うを〕【白魚】

サケ目シラウオ科の海水魚。内湾にすみ2~4月に川を上って産卵する。全長約10センチ。体は細長く、頭部が扁平で胴から尾にかけて側扁し、腹面に2列の黒点が並ぶ。半透明で、死後は白色不透明になる。冬に美味。シロウオとは別種。女性の白く細い指にたとえていう。「―のような指」 春》「雨に獲し―の嵩(かさ)哀れなり/秋桜子

しら‐お〔‐を〕【白魚】

しらうお」の音変化。
「―の小骨も抜いて食いそうなすました女めが」〈露伴・寝耳鉄砲〉

はく‐ぎょ【白魚】

白色の魚。
衣魚(しみ)のこと。
ニゴイの別名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらうお【白魚】

サケ目の魚。全長約10センチメートル。体形は細長く、頭部が扁平する。無色半透明で、死ぬと白色不透明になる。食用にして美味。春先、河口をさかのぼって産卵する。サハリンから日本・朝鮮半島にかけての沿岸・汽水湖に分布。シロウオとは別種。 [季] 春。 《 明ぼのや-白きこと一寸 /芭蕉 》
女性の白く細い指にたとえていう語。 「 -のような指」

はくぎょ【白魚】

白い魚。
衣魚しみ 」に同じ。 「 -紙の上に浮かぶ/菅家文草」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白魚の関連情報