白魚(読み)シラウオ

デジタル大辞泉の解説

しら‐うお〔‐うを〕【白魚】

サケ目シラウオ科の海水。内湾にすみ2~4月に川を上って産卵する。全長約10センチ。体は細長く、頭部が扁平で胴から尾にかけて側扁し、腹面に2列の黒点が並ぶ。半透明で、死後は白色不透明になる。冬に美味。シロウオとは別種。女性の白く細いにたとえていう。「―のような指」 春》「雨に獲し―の嵩(かさ)哀れなり/秋桜子

しら‐お〔‐を〕【白魚】

しらうお」の音変化。
「―の小骨も抜いて食いそうなすました女めが」〈露伴・寝耳鉄砲〉

はく‐ぎょ【白魚】

白色の魚。
衣魚(しみ)のこと。
ニゴイの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらうお【白魚】

サケ目の魚。全長約10センチメートル。体形は細長く、頭部が扁平する。無色半透明で、死ぬと白色不透明になる。食用にして美味。春先、河口をさかのぼって産卵する。サハリンから日本・朝鮮半島にかけての沿岸・汽水湖に分布。シロウオとは別種。 [季] 春。 《 明ぼのや-白きこと一寸 /芭蕉 》
女性の白く細い指にたとえていう語。 「 -のような指」

はくぎょ【白魚】

白い魚。
衣魚しみ」に同じ。 「 -紙の上に浮かぶ/菅家文草」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

白魚 (シラウオ)

学名:Salangich‐thys microdon
動物。シラウオ科の回遊魚

白魚 (シロウオ)

学名:Leucopsarion petersi
動物。ハゼ科の魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白魚の関連情報