コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫の縁 ムラサキノユカリ

大辞林 第三版の解説

むらさきのゆかり【紫の縁】

〔古今 雑上「紫のひともとゆゑにむさし野の草はみながらあはれとぞみる」の歌から〕
愛情が関係のあるものに及ぶこと。転じて、何らかの縁でつながるもの。草の便り。草のゆかり。 「かの-たづねとり給ひては/源氏 末摘花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紫の縁の関連キーワードプラエテクスタ劇水谷八重子尋ね取るブレードゆかり

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android