コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫華鬘 ムラサキケマン

デジタル大辞泉の解説

むらさき‐けまん【紫華×鬘】

ケシ科の越年草。山野の日陰地に生え、高さ20~50センチ。全体に柔らかく、葉は羽状に細かく裂けている。晩春、紅紫色の花を総状につける。花は筒状で先が唇形をし、距(きょ)をもつ。やぶけまん。まんだらけ。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきけまん【紫華鬘】

ケシ科の越年草。畑地や竹林などに多い。全体に軟らかい。根葉は細かく分裂。晩春、高さ約30センチメートルの花茎を出し、頂に総状花序を立てて、紅紫色の細長い花を多数横向きにつける。藪やぶ華鬘。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫華鬘 (ムラサキケマン)

学名:Corydalis incisa
植物。ケシ科の越年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

紫華鬘の関連キーワード総状花序竹林分裂根葉花茎畑地

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android