紫華鬘(読み)むらさきけまん

精選版 日本国語大辞典「紫華鬘」の解説

むらさき‐けまん【紫華鬘】

〘名〙 ケシ科の越年草。各地の山野、林の縁などに生える。高さ約三〇センチメートル。葉は羽状に二~三回全裂する。五月ごろ、茎頂の密な総状花序に紅紫色の筒状唇形花が多数横向きに咲く。果実は長楕円形で長さ一・五センチメートル。漢名に紫菫をあてる。やぶけまん。まんだらげ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「紫華鬘」の解説

むらさき‐けまん【紫華×鬘】

ケシ科の越年草。山野の日陰地に生え、高さ20~50センチ。全体に柔らかく、葉は羽状に細かく裂けている。晩春、紅紫色の花を総状につける。花は筒状で先が唇形をし、きょをもつ。やぶけまん。まんだらけ。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「紫華鬘」の解説

紫華鬘 (ムラサキケマン)

学名Corydalis incisa
植物。ケシ科の越年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android