累坐(読み)るいざ

精選版 日本国語大辞典「累坐」の解説

るい‐ざ【累坐】

〘名〙 犯罪などのかかりあいになること。まきぞえ。ひきあい。坐。
※漢書帝紀抄(1477‐1515)武帝紀第六「鄭氏は妻の巫蠱に類坐せらる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「累坐」の解説

るい‐ざ【累×坐】

[名](スル)他人の犯罪のかかわり合いになり、その人とともに罰せられること。連坐。「贈収賄事件に類坐する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「累坐」の解説

【累坐】るいざ

する。

字通「累」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android