累坐(読み)るいざ

精選版 日本国語大辞典「累坐」の解説

るい‐ざ【累坐】

〘名〙 犯罪などのかかりあいになること。まきぞえ。ひきあい。連坐
※漢書帝紀抄(1477‐1515)武帝紀第六「鄭氏は妻の巫蠱坐せらる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「累坐」の解説

るい‐ざ【累×坐】

[名](スル)他人の犯罪のかかわり合いになり、その人とともに罰せられること。連坐。「贈収賄事件に類坐する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android