コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連坐 れんざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連坐
れんざ

犯罪責任の一端が,親族を除く関係者にまで及ぶ連帯責任制度。中国では唐律以来,後代に受継がれた。日本では大宝,養老の名例律には,同一官司の四等官の一人が,職務上の過失にて犯罪を犯した場合に,他の官吏従犯として刑を科されることがみえている。この場合には,首犯の誤判を受継いだ直接の官吏が第一従,以下第二従,第三従の順で,次第に刑罰を軽減する。鎌倉,室町時代の幕府法,戦国時代の分国法になると,連の範囲は次第に拡張され,一般犯罪にも適用され,加害者の1町1村が,すべて刑を科される法さえ生じた。連坐の範囲は,縁坐と違って,江戸時代末まで縮小されていない。しかし,刑そのものは,過料,押込程度にまで軽減されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

連坐の関連キーワード崎久保 誓一新美 卯一郎成石 平四郎山田 勝次郎倉地 啓司武田 九平峯尾 節堂宮城 与徳中村 甚哉坐・座・挫森近 運平高木 顕明竹田 儀一奥宮 健之加波山事件福田赳夫藤原師長渡辺崋山志賀義雄水野 成

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android