コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川成之 ほそかわ なりゆき

3件 の用語解説(細川成之の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細川成之 ほそかわ-なりゆき

ほそかわ-しげゆき

細川成之 ほそかわ-しげゆき

1434-1511 室町-戦国時代の武将。
永享6年生まれ。細川満久の孫。伯父細川持常(もちつね)の養子となり,宝徳元年阿波(あわ)・三河守護をつぐ。応仁(おうにん)・文明の乱には東軍に属した。のち三河守護をゆずり,讃岐(さぬき)守護を兼任。晩年は禅に傾倒。和歌,絵画,蹴鞠(けまり)などにたくみであった。永正(えいしょう)8年9月12日死去。78歳。通称は六郎。号は道空。名は「なりゆき」ともよむ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

細川成之

没年:永正8.9.12(1511.10.3)
生年:永享6(1434)
室町時代の武将。教祐の子。伯父の阿波,三河守護細川持常の養子となる。のち讃岐守護。宝徳1(1449)年持常の急死により家督を継ぐ。寛正3(1462)年3月,幕命により畠山政長を助け,畠山義就を金胎寺城に攻撃。応仁1(1467)年に応仁の乱が勃発すると,細川勝元方(東軍)の将として活躍した。文明17(1485)年分国が乱れたため,子政之と共に下国,細川政元は一族の政国,尚春らを遣わしてこれを助けている。長享1(1487)年子政之が没したため政務に復帰し,永正1(1504)年には摂津守護代薬師寺元一が成之の孫澄元を擁して反乱したため政元の攻撃を受けたが,撃退。

(森田恭二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細川成之の関連キーワード細川満元菊池兼朝吉良俊氏朽木貞綱斯波義健長尾房景細川政之細川義春細川義之三浦高連

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone