コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細流痕 さいりゅうこんrill mark

1件 の用語解説(細流痕の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

細流痕

干潟や海浜の細い流れによる浸食による溝[Twenhofel : 1950),あるいはフリッシュ(flysh)相に見られる溝[Dzulynski & Walton : 1965].ソール・マークの形態による分類の一つで,海浜における細流でできた小さい溝,またはそれを堆積物が埋めたキャストである.形態は風化すると,幅1cm内外のはっきりした細溝になる.泥岩の狭い隔壁で隔てられたやや高くなったキャスト.普通はやや湾曲し,多少とも平行する.フルート・キャストとの中間型も存在する[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone