コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細流痕 さいりゅうこんrill mark

岩石学辞典の解説

細流痕

干潟や海浜の細い流れによる浸食による溝[Twenhofel : 1950),あるいはフリッシュ(flysh)相に見られる溝[Dzulynski & Walton : 1965].ソール・マークの形態による分類の一つで,海浜における細流でできた小さい溝,またはそれを堆積物が埋めたキャストである.形態は風化すると,幅1cm内外のはっきりした細溝になる.泥岩の狭い隔壁で隔てられたやや高くなったキャスト.普通はやや湾曲し,多少とも平行する.フルート・キャストとの中間型も存在する[木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

細流痕の関連キーワードリル・マーク畝溝跡

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android