細胞壁溶解酵素(読み)さいぼうへきようかいこうそ(英語表記)cell wall digesting enzyme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

細胞壁溶解酵素
さいぼうへきようかいこうそ
cell wall digesting enzyme

植物細胞や細菌,酵母などの細胞の外側を覆っている細胞壁を溶解し,裸の細胞プロトプラストを作る酵素。外部より遺伝子や細胞器官を細胞内へ導入したり,細胞融合などを行なう場合,一時的に細胞壁を除去する必要がある。このため酵素液によって細胞壁は処理される。酵素としては,リゾチームセルラーゼ,チモリアーゼ,ドリスラーゼなどが市販されており,目的とする細胞種によって使い分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android