コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細胞状構造 さいぼうじょうこうぞう cellular structure

1件 の用語解説(細胞状構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

細胞状構造

無数の空洞の存在で特徴付けられる構造に対して付けられた名称.堆積岩火山岩に用いられる.空洞は各々つながっていてもつながっていなくても構わない.空洞の大きさは細孔(気孔)より大きく,洞穴よりも小さいもの.火山岩の場合には,岩石が固結する際にガスの逸出によって非常に多孔質となり,気泡の間の隔壁を作る熔岩が細胞膜のように薄くなって生じた構造[Cayeux : 1935, 片山ほか : 1970, Robert, et al. : 1983].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

細胞状構造の関連キーワード不斉がま晶洞内釜神経ケラチンジオペタル堆積物セクリーション海綿構造書籍構造空洞の法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone